契約日と借入日の違い

消費者金融業者の無利息キャッシングサービスは、いろいろなかたちがあります。一般的なかたちとしては、初回のみ一週間や30日間無利息となってくるでしょう。大手のサービスを見ても、ほとんど変わりません。ただし、複数の商品を持っていることもあり、契約日の翌日から180日も適用される場合があります。この場合、金額の上限が設定されることが条件で5万円程度になってくるため、少額を利用する場合には、かなり有効な手段となるでしょう。

計画的初回や契約日から適用になるのが一般的ですが、中には借入日から設定されていることがあります。この場合には、何回でも使えるようになるのがポイントです。完済してしまえば、その都度使えるようになるのは、大変高い利便性を誇るといえます。ただし、期間の設定は長くはなく、7日程度になってくるため、うまく使っていかなければいけないところです。

他にも条件が付けられることがあり、利用限度額の設定によっては無利息キャッシングサービスが利用できない場合が出てきます。適用条件はいろいろとあるため、借入れする前に確認する必要があるでしょう。無利息キャッシングサービスでも、期間が過ぎれば金利がかかってきます。計画的な返済を考えておくことは、もっとも重要なこととなるでしょう。

返済に遅れた場合

無利息キャッシングサービスは、一定期間の金利が無料になるサービスです。この期間中に返済日がくるような場合、そのまま返済する必要が出てきます。わかりやすいかたちですが、利息は発生しませんので、返済した金額はすべて元金に繰り入れられることになるでしょう。この無利息期間が終了したのちは、借入残高に対して利息が発生することになります。通常の借入れの状態になると考えていいでしょう。

返済返済日が無利息期間中にあたる場合、返済することが基本となりますが、返済した場合の利息も考えていかなければいけません。通常通りに返済ができなかった場合、この日を境に利息が発生することになります。無利息キャッシングサービスが無効になる場合も出てきますので、契約するときに確認しておかなければいけません。無効になった場合には、借り入れた初日から利息が発生したものとして計算が起こされます。かなりの違いになってくるため、返済は確実におこなえるようにしなければいけません。もうひとつの問題として、遅延損害金も発生する可能性が出てきます。利息に加えて支払う必要性が出てくるため、遅れてしまうことが、返済もかなり大きなものにしてしまうようになるでしょう。

契約日と借入日の違い

設定期間に要注意

無利息キャッシングサービスは大変便利なものです。ですが、いったいいつから始まるのかを正確に理解しておく必要があります。これは、言葉で書かれているだけのものですが、しっかりと理解しておかないと、無利息だと思っていたら、その期間が終わってしまうといった事態が起きるからです。

期間一般的にタイミングとしては2つの方法があります。契約日の翌日と初回借入日の翌日といった表現となりますが、適用期間に差が出てくることに注意が必要です。初回借入日の翌日は、わかりやすい表現でしょう。借入れをした翌日から、一定の期間無利息が続きますので、単純な表現です。問題となってくるのは、契約日の翌日から無利息期間が始まる場合にあります。

契約日は、借入れをした比ではありません。枠を作った日という表現もできますが、借入れができるようになった日からスタートしています。そのため、契約をしてから10日後に借入れをすれば、30日間無利息のサービスになっていても、20日間しか無利息期間を活用できません。せっかく利便性の高いサービスであっても期間を無駄にしてしまえば意味がなくなってしまうため、借り入れるときに契約することが重要なポイントになってくるでしょう。

返済に遅れた場合

キャッシングと無利息

お金を借りなければならないときに、利息は十分に検討していかなければいけないポイントです。さまざまなサービスが展開されていますが、その内容を見て消費者金融業者を選んでいくのは重要になってきます。多くの条件が提示されてきますが、無利息キャッシングサービスも検討していかなければいけないところでしょう。初回だけでも無利息になるのを考えれば、かなり大きな違いが生まれるからです。しかし、無利息キャッシングサービスと一口に言っても、実にさまざまなものがあります。業者によって大きな違いがあるところを理解しておかなければ、お得なサービスにはなりません。

無利息キャッシングサービス無利息キャッシングサービスとは一体何か、その部分も知らなければいけないでしょう。単純に言えば、一定期間だけですが、利息がゼロになるところがポイントです。何日間かというのが重要になりますが、初回借入日の翌日からとなれば、初めての時のみ適用されます。これが30日間無利息というのが一般的な部分でしょう。無利息期間中に完済できるのであれば、元金のみ返済すれば済んでしまう点は、非常に便利でお得なサービスであるのは間違いありません。

言葉にすれば、単純にこれだけのサービスですが、色々注意しなければいけないポイントがあります。いったいいつからなのか、延滞するとどうなるのかといったところも気になるところでしょう。抑えておかなければいけないポイントもいくつもありますので、借入れの際に参考にしてみてはいかがでしょうか。

設定期間に要注意